上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ぜぃぜぃ.....(;´д` )...

ようやく書き込めました.....

連休も思いの外、
ばっちり仕事で埋まりまして.(泣 ←しかも自宅。

何故かというと。

現在、「自宅仕事」と、「会社仕事」ときれ?に2分割。

年内に受けた仕事を動かしながら、
会社作業は勿論、待ってはくれないわけで...┌|T_T|┘

そんなこんなで。
会社からの帰宅後、自宅仕事をする、
二足のわらじ生活(?)を始めて約1ヶ月。

      .........2倍、体が悲鳴あげてます..(←当たり前)....

でも『24 シーズンフォー』は横目でチェック(威張)。

と、まあ、グッチグチはこのへんにして。

現在の勤め先は渋谷。

のおかげで、ランチ場所には困りません。

ここ1年ほど、
本気で低炭水化物ダイエットをしていたせいか、

体重 増 がちと心配ではあるものの........(°Д°;  ビクビク

秋って、食べ物が美味しいですね(^⊆^)!




本日のお昼↓

『めかじきのフライと麦飯と野菜炒め』

061011_1336~0001.jpg


このお店は、食事が全てお椀に入ってやってきました。

深いだけに、
食べにくさが、ちと気になりますが....(*'ω'*)...........

『ふたを開ける』って、のぞき見するみたいで楽しいものです(゜∇ ゜)。

秋ともなれば新番組の欄列を見ながら、気になったものを。



石ノ森章太郎先生原作「0091(ゼロゼロナインワン)」

http://www.tbs.co.jp/anime/009-1/

↑「009」の単独女性版といった感じですが、
主人公が美+メリハリBODYで魅せてくれますよ。

0091役・釈由美子さんの、
いつもよりトーン低めの声もポイント高。
スポンサーサイト





また久しぶりに書いてます......(;´д`)ノ.....

日々の激務でもう眠くって...._| ̄|○、;'.・ 


..............................................................

そんな中、...行って来ましたよ...

「稲川淳二の怪談ナイト」inメルパルクホール!(゚д゚)「


http://www.j-inagawa.com/index.html

inagawa.jpg



正直にお伝えします。

         恐怖で泣きました!

ホラー好きを豪語する人間として屈辱です..(*-ω-)


でもね。そんのくらい怖かったんですよね!


何が怖いって、「題材が身近すぎ。」
            ↑この一言につきます(>д<)。

舞台は、昔の遊郭(というか女郎屋?)の2階建てがセットで作られていて、
幕横には、達筆に書かれた超ビックなお札。

遊郭の窓からはひょいと顔が除きそうな、不穏な空気200%大放出。

で、開演。

思いの外明るい照明の中、2階から、白い着物姿の稲川氏登場。

そこからは
ストーリーにそってめまぐるしく変わる
照明の中で、ガツンがつん、恐怖話のボディーブローさく裂..((((;゜д゜)))


例えば。

「アパート前から自分の部屋までつづく、しみの理由の話」
        
    ↑これが一番怖かった...。もう帰り道何度振り返った事だか..(゚ロ゚ノ)ノ

「クラブで出会った、足しか見えない女性の話」
「交通事故にあった友達の声の話」
「ふと立ち寄った古宿の女の話」
「夏の海岸で出会った、ふろしきを持った少女の話」

どうですか? 

       もう想像しただけで辛く苦しい気持ちになりませんか..(°Д°;


テレビで見て何となく免疫の出来ていた稲川氏の声や、
擬音語・擬態語の響きも、
生はやっぱりダントツに心臓わしづかみな恐怖なんです...

そして、恒例の「心霊写真コーナー」。(ノ°▽°)ノ.......


でっかいスクリーンで稲川氏の解説付き。
       繰り広げられる写真はどれもこれも一級品に怖い...

よくある、
「足がない」とか「顔が見える」とか
そういう、あるあるな、率直心霊じゃなくってね。

何か見えるけど.....何かいるけど....

「でもこれ人間じゃない」って事は分かる...

      な瞬間はもう......

             頼む、許して下さい.._| ̄|○...泣
                       って感じです。


彼が所持する写真は、
中には「少しずつ心霊がはっきりしてくる」写真があるらしく、
実際、顔がちょっとずつ見えてくるらしいです。

(池から見える女性の顔がだんだん上がってくる。)や
(ベランダからのぞく顔がだんだん上がってくる。)や

テレビ画面に見える男の子がだんだん近づいてくる....って

ここまで書いててもうすでに思い出し泣きしそうです.....

辛い体験でしたが、
ちょっと麻薬的な要素もありそうです....


来年の夏も勿論行うそうなので、よかったら是非...どうぞ..(・∀・)

  ↑一人暮らしの方は、誰かのおうちに泊まった方がいいと思います。

        .....鏡もベランダも..部屋のドアを開く事さえも
             ためらわれますのでね........











自分なりにまめにブログを綴っていたというのに.....

............_| ̄|○..........がくり。

とどこおってしまいました...・゚・(ノД`;)・゚・ウワアア....


実は、最近、
少し仕事環境が変わりました。

少人数のデザイン会社に移りましてですね。

まあ、七転八倒してたわけですな.....ヾ(;´▽`A`` haha....

女性のみの会社なのですが、


そのせいか、
通常の食事が
急激にヘルシー+まっとうに..(°Д°;..あわわ...



キッチンがしっかりしているので、
そこで作って提供して頂ける事も...。←なんとトップが自ら調理....(ノ゚ο゚)ノ オオオ


例えばですね。

↓昨日の夕食献立です。

060922_2137~0001.jpg


焼き魚と、焼きネギ+油揚げのおみそ汁と、大根のからし炒めと、発芽米。

先週までの、
わたしの偏りすぎる食事
=(豆腐とおくらとキムチを混ぜたものを延々と食べ続ける...)

とは、まるで飼い主と犬の食事くらいの違い.....。


違い過ぎてお腹がびっくりしたらしく、

ここ数日、若干胸焼けが.....(;´д` )


慣れない食事は健康的なものでも戸惑うものなんでしょうか?

みそ汁ご飯のみ配給だった柴犬が、

突然、「シーバス」もらった感じ...?....

                   ちょっと違う?(・∀・)...









久しぶりに試写会、行って来ました ┌|゜з゜|┘

「フラガール」。
http://www.hula-girl.jp/top.html
furagirl.jpg


出来の方、イマイチ期待せずに行ったンですけどね............

         ケラケラ笑って、わーわー泣きました(((( ノ・д・)......uuuuuu...

      第二の「shall we dance?」な出来と言っていいと思います。

まず、撮影と音楽がかなり上質。

昭和40年の炭坑町・常磐炭鉱が大半の舞台になるので、
画面がどうしても
3K(=きたない・きつい・くるしい..って古い(゚д゚;) ?)
になりがちなところを、
フラ衣装の鮮やかな色合いと、シマブクロ氏の音楽が見事に全・救出(^⊆^)。

何よりも、炭坑少女のキャラと福島弁がこの上なくキュート。
furasub.jpg


実話を機軸にしているだけあって、
脚本の構成がかなりしっかりしていて、
どの登場人物にも100%感情移入OK。

フラガール・リーダーの
蒼井優ちゃん
(↑ボーイフレンドと一緒に観に行く女子は注意して下さい...(;´Д`A。
 目の玉がハート化、間違いなし。 笑顔が激可愛すぎなんですよ!)
と、
指導する先生役・
松雪泰子さん(←腹から出た声が正に舞台人。アッパレ。)
matuyukijpg.jpg

含めたフラのダンスシーンは、
終始胸がバクバクしっぱなしの大迫力。

南海キャンディーズのしずちゃんは、
意外(?)とすんなり溶け込み。

コメディアンヌとしての才能と共に、
女優としてもかなりいけてます (^⊆^) 

富司純子さんには、一番泣かされました...

「恋は五・七・五」とか、「チアーズ!」とか
好きだった方は、結構ヒットだと思いますよ?。

バックで踊るダンサーばなしよりは、ずっと..fugafuga。

   あ、ちょい役で寺島進さんも出てました。
       「この人は、やっぱりこうだよな?」な役どころで。 ..笑

         ↑ トヨエツとの絡みがオモロカッタです





突然ですが、みなさんは、
「古いもの」と「新しいもの」と
どちらがお好きですか(*'ω'*)?

    ↑ワタシは圧倒的に、前者です。

もちろん機能面では
(家電とか。食べ物とか............下着とか....(゚д゚)....?)
新品を持さなくてはいけないものも多々ありますが。

ファッションやインテリアに限っては、
少?し今のデザインから
離れた場所にいるものが大好きです。

↑一言で言うと古着好き・ヴィンテージ好きなのやもしれませんが..┌|゜з゜|┘.。

実は大好きなweb shop・
「scrumpcious(スクランプシャス)」が、
今年8月・鎌倉・由比ヶ浜に路面店をオープンされたので
http://www.scrumpcious.net/
江ノ電にドコドコと揺られながら、
先日行って来ました└|∵|┐!


↓お店の外観です。
ほんと?に由比ヶ浜駅の目の前にあるんです!
(お店から線路が見えるくらいですから...(´▽`).)
gaikan.jpg


scrumpciousさんは、ご夫婦で営まれているお店。
↑オーナーのお二人がほんと?に気さくで温かくてオシャレで...
            o(>▽<)o ステキな方達!
       お会いする度に鎌倉を離れるのがイヤになるくらい......

ご自宅でシーズン毎に開催されていた、ストックルームを、
http://www.scrumpcious.net/info/stockroom_fr.html
そのま?ま、お店に型どりされたような佇まいに、

わがことのように、ホッとするやら嬉しいやらで..(*´▽`*)..kangeki...。

tennai2.jpg


置いていらっしゃるアイテムは日本や外国の垣根なく、取りそろえられた
ヴィンテージのお洋服や、アクセサリーや、食器...。
「ツンとした高級ヴィンテージモノ」ではない
不思議な魅力を持ったステキなデザインのものばかりで
全部手に取って、じ?っくりと見たくなります。
tennnai.jpg


まるでオシャレレベルにすんごく厳しい、
外国のお嬢サンのお部屋の中を巡っているような気持ちになるのは、

よい味の出た家具にまるで宝物のように並べられた
アイテム達のせいでしょうか...*:・(*´ー`)....?

女子は勿論、「すてき!」と思われること請け合いですが、
ワタシが来店した日曜日には、
男性のお客様もとても興味深く見てらっしゃいました。
きっと、ステキな食器やインテリアアイテムも満載だからでしょうね..(゜∇ ゜)


↓海からもメチャ近なんですよ(≧∇≦)!

umi.jpg



と。


何だか「しんえいたい」のような物言いになってしまいましたが....└( ̄- ̄└)...

        みなさん 是非是非、訪れてみてください<( ^-^ )! 






| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ペコリセイカツ, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。