上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





すごい暑いんですが.....。冬生まれなので極端に夏が苦手なもので。本日も倒れそうになったのでタリーズにてアサイージュースを飲んでみました。asaii.jpg
このアサイー(←アマゾンフルーツでチョット見ブルーベリーっぽい)、抗酸化作用担当のポリフェノールが赤ワインより30倍あるとか、繊維がゴボウの30倍とか言われてるんですけどなんか不味いんですよね...でも(自称)健康おタクとしては、不味ければ不味いほどやる気がわき上がる訳で。コラーゲン同様外せません。............体感温度30℃にボンヤリしていたら新刊がザザッと出てました。sinnkannmatome.jpg
何か並べるとジャンルが全然違いますが....「鉄腕バーディ(ゆうきまさみ)」 http://yukimasami.com/は佳境に入ってきている所もあって、ストーリー+戦闘描写が群を抜いて逸脱してます。ちょっと泣きました"(ノ_・、)" 。「寿町美女御殿(山下和美)」はどんどんトンでも内容になっていくのに読み終わる頃には何だか全てが納得出来るオチになっているのが本当に毎回不思議。やっぱり草原民族+教授ネタは定番アイテムなのかしら...(’-’*) 「シュガシュガルーン(安野モヨコ)」http://www.annomoyoco.com/main.htmlは好き嫌いはあるにせよ、書き込み満点なガーリィアイテムにいちいち小学生並みに感動します(´▽`)。しかしここは(どこ?)鉄腕バーディ・一押しです。絶対に買って損なしですよー。ぜひぜひ(^⊆^)!
スポンサーサイト





本日、都内はすっかり小春日和で。仕事はあったけれど、ふらふら?っと散歩+買い物しちゃいました( ̄+ー ̄)。常に日課の本屋さんに立ち寄るので今回も。4月頭に発売だったのに何故か店頭になかったゆうきまさみさんの「鉄腕バーディ」12巻を入手。ゆうきまさみさんといえばどうしても(?)機動警察パトレイバーがヒット過ぎて以降の作品がピンとこなかったのだけれど、私は「鉄腕バーディ」で彼を更に好きになりました(’-’*) 。。bady2.jpg
まず SFものだという事・主人公が怪力過ぎる宇宙民族の女性である事。何となく学園SFものっぽいイメージを感じた初巻から比べると、『何故主人公が戦わなければいけなかったのか。』とか、『今一歩、精神的なバランスが取れていないのか』、とかがだんだんと分かるようになっていて、引き込まれます。何はともあれ、私は彼の線が好き。←あ?、書きたい放題だからマニアックな方向にどんどん....。おた●ぢゃないですから...(」´Д`)」。男性作家が女性の身体を描くと「あ?この人はこういう女性がタイプなんだなぁ」って分かるんですけれど(ホラ、胸が妙にでかかったり、妙に足が長かったり。)ゆうきさんの描く女性はちゃんと筋肉が付いていてステキ.....ヽ(*´∀`)ノ妙な恋愛モノよりずっとオモロイです!是非是非!
....続きを読む






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ペコリセイカツ, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。