FC2ブログ










上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





funabashi_75x125.jpg
どーも。ゴードン・グスタフソンです! (←IKEA船橋ストアマネジャーらしい) おっと失礼。行って来ました、北欧のニトリIKEA船橋!。小雨の中、混雑を避けるため平日に訪れたのですが、それでもなかなかの大入り。顧客はファミリー層が大多数。奥さん(withお子さま)どおしで...といった感じでした。長旅だったので(片道約1時間)着く早々に腹ごしらえの為、イケアレストランへかなりの大ばこな社員食堂....といった具合の内装で、ベルトコンベアー式に並んでそれぞれのブースでメニューを選びつつ、お皿をとり、そのまま会計へ..といった方式。shokudo.jpg
ちなみに写真のメニューは、ミートボール5個・サラダ・シュリンプサンド・ドリンクで締めて約1200円ナリ。コーヒーはなかなかの味で、キッチリおかわりしましたよ(^⊆^)! 白い木製のテーブルや、ポップだけれどしっかりした作りの食器類は、慌ただしい買い物の合間をぬう食事なだけに、嬉しい心遣い。まぁ、お値段的にもサービスは妥当かな...といった印象。腹ごしらえも済んで、いざ、買い物へ!お店・売り場の第一印象は..........『で.....でかい!(・o・)(・o・) (全てが...)そして量が多い!半端ない!』ガリバー旅行記は小人の世界に飛び込んでしまうハナシですが、いわばその逆。小人in巨人国。IKEA.jpg
ただし1つ1つの商品はロープライス。木製のハンガーが10個で500円未満。や、しっかりした作りの木製カトラリーが3000円など。電車でなければ、欲しいな?と思ったものもたくさんありました。ただしモチロン、中には「ん?(’_’、)いい加減な作りだな?」と思えるものも幾つかありましたが...。(←工業国日本で育った私達だからこその、無意識・チェック回路が働くせいかもしれないンですけどね。)2階建てとは思えないほどの分量と幅の広さで、一緒に行った友人共々、2時間ほど徘徊すると「(怒濤の数と大きさに)おなかいっぱい、胸いっぱい」な気持ちに....。ファミリー層の方々はトロリーという、大型カートで消耗品など大量に買い込んでいたのでマイカーでお来しの方が多いのでしょうね。全体的な印象としては、キッズルームをショールームで何パターンも見せるなど、子供をターゲットとしている雰囲気がひしひしと。外国ならではの、デザイン性の高いおもちゃや、雑貨などは、子供っぽいデザインのものしか普段見ない私達にはなかなかの新鮮味。ロープライスの理由は、簡易包装+徹底したセルフサービス。自分で配送も行う事で(お店側としては)時間もお金も節約、節約。といった事なのでしょうね。ちょっと心配なのは、やはり交通の不便さ(都心の人には、やはり行き辛いかも..)と、商品の入れ替わりをどれだけのペースで行えるのか、.......という事。(この日も幾つか欠品が目立ちましたし。)いい意味でも悪い意味でも、飽きやすく醒めやすいのが現代人。ムーミンの国から来た大きなお店はどこまで奮闘出来るか........、今後の動向に注目。デス。
スポンサーサイト






 こんにちは!
私のブログにコメントを残してくださってありがとうございました!早速遊びにきましたよ~♪
日本のIKEAについて知りたかったので、オレンジビーさんのこの記事、とても興味深く読ませて頂きました。
確かに日本はすでにたくさんの家具屋さんや通信販売があるので、成功するのかなぁといらぬ心配をしてしまいます。だからヨーロッパらしいデザインのキッズ向けに力を入れるのでは・・思っていましたが、やっぱりそれを売りにしていくようですね。
イタリア(トリノ)には他に大した買物場所がないですし、イタリアン家具は購入後1ヶ月は待たされるので、即日手に入って安価なIKEAは大人気です。我が家のインテリアもほとんどが悲しいかなIKEAなんですよ。。
【2006/05/20 03:13】 URL | YUKIKO #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2018 ペコリセイカツ, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。