上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





シュッ...出力センターからやっと帰ってこれました..(゚д゚)実はうちのマック君がまたまたヘソを曲げてしまい、出力センターのマック君で徹夜作業・(ノД`;)・゚・。帰宅後、すぐに初期化+インストール作業で1日潰れ..やっと稼働...._| ̄|○ハァハァ... ............................................................................. で。お伝えしたかったのは、そんなプチ騒動ではなくッテですね。 タイトルにもある通り、行って来ました└|∵|┐! NHK教育・「TR(トップランナー)http://www.nhk.or.jp/tr/」公開録画!番組を見た事がある方はお分かりかと思いますが、ゲストに直接、質問出来たりする“オーディエンス”(←約40人)ってやつとして、見てきたッス。↓スタジオ内では足にTRシールをペタリと。stafftag.jpg
大ファンの束芋(←たばいもと読みます)さんの収録だったもので。収録中ずっとドキがムネムネしちゃいました・:*:・(*´△`):*:・彼女は、現在海外からもとっても注目されている、新進気鋭の女性・現代美術作家さん。アニメーションでの映像インスタレーションが主な作品内容です。(現在原美術館http://www.haramuseum.or.jp/generalTop.htmlで「ヨロヨロン」というタイトルで個展開催中。)yoroyoron.jpg
彼女の作品との出会いは、彼女の初個展の時。当時、私は大阪で働いていて、「デザインをする」という事と「デザイナーとして会社に就職する」という事に今一歩折り合いがつかずモヤモヤとしていた時期でした。そんな時「↓にほんの台所」を閲覧したのです。daidokoro2.jpg
......衝撃でした。この作品は、実際に畳が敷かれ、襖で囲まれた空間で観客は、プロジェクターに投影されたアニメーション(お母さんの夕食作りを風刺を混ぜつつ表現した内容)を体感するのですが、(あ?伝わらなかったらご免なさい(´д`)!)何というか....画風だけを見ればとっても「おどろおどろしい」「少し気味の悪い」ものを想像してしまうけれど(内容は確かに少々辛辣ですが。)、だからこその「一時も目を離しちゃいけない!」ってくらいの迫力と胸をザワつかせる魅力があるんです。例えるなら...真夏の蜃気楼や白昼夢にとらわれたような浮遊感に包まれるというか...(伝わりますか...(´ロ`))当時の私には、その作品が「好きな世界はこうやって表現するべき!」と言っているようで1週間くらい焼き付いて心から離れませんでした。あれから7年。常に作品を見てきたせいか本人を前にすると感動も一塩...実際の束芋さんは、「えっ、この人があの作品をッΣ(゚д゚;) 」ってくらい、小柄でキュートで常にスマイルを欠かさない気配り度120%な女性。オーディエンスの方達からも「カワイイ?(゜∇ ゜」な歓声が。)良い意味で作家独特のギラッギラとした吸着力のほとんどない方でした。トーク内容は、書き出すとキリがないのですが...。「デビュー当時から最近まで、ずっと就職しようと思っていた(笑)」「気持ち悪いと言われるのは褒められているようで嬉しい」という内容が妙にリアルでよかったです。(放送日は7/22or29(日)。)チョットでも作品に興味が出ましたら是非是非、水曜日、日没後の原美術館にゴー!日が落ちた時のみ見られる作品がジックリ堪能できます ^-^ !
スポンサーサイト






興味あります!!!(゜∀゜)

「にほんの台所」はもっと大きな画像でみたい!

「TR(トップランナー)」の放送日を楽しみです♪

>ドキがムネムネしちゃいました

。゚(*゚´∀`゚)゚ノ彡☆ギャハハ
【2006/07/07 11:10】 URL | こう #KLqmunRA[ 編集]
>こうさん

やった~(*´▽`*)
興味を持って頂けて
何だか自分の事のように嬉しい(≧∇≦)!

ほんと~におすすめなんです。

「にほんの台所」、流れてくる
音楽もなかなかよいのですよ。

ムネムネ...、思わぬところで笑ってもらえて
二度うれしい~└(∵┌)└( ∵ )┘(┐∵)

【2006/07/08 06:33】 URL | オレンジビー #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2018 ペコリセイカツ, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。