上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





残暑厳しく、
夜明けと同時にあぶらぜみに起こされる毎日です(´ロ`)....

     (ノ′Д`)ノもうすぐ夏休みも終わりですねぇ....
             (↑もう関係ないんだけど...何となく寂しいものですね..)

そんな中、
「おや..?もしや今日で(特別展示は)最終日では...(」°ロ°)」?」と
今更ながらに気づき、慌てて行って来ました。

原美術館での「ヨロヨロン展・束芋」
http://www.haramuseum.or.jp/generalTop.html

ずいぶん前に自ら宣伝告知しておきながら.._| ̄|○...

実は、今回の展示は上記書いた通り、
特別展示があり。←日没からでないと見られない
上映の新作が一点あって、それが水曜日限定。という訳。

ま。要は水曜日狙いで訪れようとしていたのに
どうにも都合が合わなく、やっと訪問したって事ですな。

わたしが原美術館を訪れたのは、夕方PM6:00。

いやこれがかなりの盛況ぶり(°Д°;。
(1作品、平均20分待ち・入場は30分待ちました...Σ(ノ°▽°)ノ)

原美術館自体が小面積で、
1部屋ずつでのアニメーション=1定人数しか見られない仕組み。

という事もあるけれど、

最近、とみにメディアでの注目度が高い束芋さん。

私としては、右肩上がりな彼女の人気を肌で感じられて、嬉しい限り..(^⊆^)

ちょい長丁場に説明してしまいますが、

熱醒めやらぬ、たわごとと思って、許して下さいね?(´ロ`)

感想としては。

 『今までの展示・作品の中でダントツ・1番よかった┗(`o´)┓!』

それはきっと、原美術館のロケーションが
作品にぴったり合っているからもあると思うけれど、

インスタレーションとしての見せ方・テーマに対する実直さが
回を重ねる毎に成熟していっていて、
感動とうれしさのあまりに、ついつい、泣きそうになりました...(>д<)

で、作品内容ですが。

今回の展示は、新作3作品がメインで構成されてます。

↓「公衆便女」
(この作品が本当に素晴らしい完成度! 
観客を中心に置いて、ぐるりと取り囲むスクリーンには女子・公衆便所が映し出されます。
鏡の中の自分に暴力をふるわれる女性。便器に携帯電話を落とし、飛び込む女性。
産み落とした子どもを屈託泣く亀に載せて流す女性....。
それらの様子を時折、シャッター音とフラッシュが暴力的に襲っていきます。
気づけば自らが公衆便所にいるかのように錯覚してしまい、はっとします。
彼女らしいラストには、ニヤリ(゜∇ ゜))

kousyuu.jpg



↓「真夜中の海」
(2階と3階からスクリーンで見られるのですが、私が見たのは3階から。
「ザザ?ン」という波音の中、
波とも生物とも女性の髪(頭部)とも言い難い形状のものが、
暗い海をうねうねと漂います。
時折除く海中の様子から、その姿がのたうつ自我のようでもあり....
(↑実際、作者自身の姿を投影させて制作されたようです)
きっと見ている人全てが異なったイメージを抱くのではないでしょうか。
私はこの作品が一番好きです。)

mayonakanoumi.jpg



↓「ギニョラマ」
((画像では分かりづらいですが)
この作品は、室内のホールから屋外のスクリーンを見る形式。
これが日没でなければ見られない作品です。
数人の手や指が、絶えず動きながら密着したかと思えば離れていきます。
しなやかでありながらいびつなようでもあり...不思議な魅力で目が離せません。)
モノクロと2パターンあるのですが、
カラーよりもモノクロの方がわかりやすいかな? と思いました)

ginyorama.jpg



↓新作の他は、彼女のドローイングや、
スケッチなどが展示されているスペースもたくさんありました。
1つ1つの完成度の高さとイメージの深淵に、うっとりしました。

yoroyoron3.jpg



驚いたのは、閉館まぎわまで長蛇の列の中、

学芸員さんに紛れて束芋さん自らが、
「ごめんなさ?い。並んでくださ?い」って誘導されていた事....(゚д゚)。

作家さん本人が、
声出して人員整理してるの初めて見た....笑。


******************************************


作品の魅力がつたない説明で伝わったかが不安ナンですが(;´Д`A....

最後に、
感想の総括を。(ほんと、しつこくてすいません..(;´д` )

誰しもが一度は感じる、目を閉じた時の瞼の奥の幻影。
何度も夢の中で流す自分自身に対する嗚咽。
現実と、個々の人格との永遠に埋まる事のない狂おしい感情の機微。

それら全てを小気味よく、
且つ現代に即す擬人化された内容で美しく再現されていて、
本当に素晴らしかったです。


ヨロヨロン展は8月27日で終了します。

ご興味のある方は、是非! 絶対に後悔しませんから。
スポンサーサイト






あ、これ、TVでも紹介されていましたね。
不思議な世界だな~と思いながら見入ってしまいました。

『公衆便女』なんですよね~。『所』じゃなくて『女』。
ウマイな、と思いましたよ(^^)
他人に無関心な現代人を皮肉った描写が、妙に印象的でした。

それにしても、オレンジビーさんってスゴイ。
これだけ作品の魅力を伝えられるレビューは、なかなか書けませんよ?
俺も精進しますね~(^^;)
【2006/08/24 22:41】 URL | アラシ #bcxnvIxM[ 編集]
>アラシさん

コメント有り難うございます(⌒▽⌒)ノ!

「テレビ」という事は「トップランナー」でしょうか?

ワタシ、ファン過ぎて、
公開録画にも行っちゃいましたよ(笑

>他人に無関心な現代人を皮肉った描写が、
妙に印象的でした。

「今」を皮肉っている内容だな~と思っていると、
自分が常に感じている喜怒を急に体言されて
ドキリとしたり...と
本当に幅広い魅力なんです<( ^-^ )

おホメ頂き、感想まで書いて頂き.....

なんとも嬉しいです......(*´▽`*) ポッ

これからも色々と見たもの・感じた事を
たくさん伝えていけたらな~と思ってます。

これからもどうぞヨロシクです( ゚ロ゚)乂!




【2006/08/24 22:56】 URL | オレンジビー #-[ 編集]
あわわっ。せっかく以前にオレンジビーさんがブログで紹介して

くれた作家さんの個展なのに今日は28日… _| ̄|○

それにしてもオレンジビーさんは表現力が素晴らしいですね!

こういった作品って見た側は漠然とした何かのメッセージを

受け取るから、それを言葉として表現するのって難しいと

思いますけど、さすがですね~。

私なんか料理の表現は「美味しいか、美味しくないか」しか

ない(爆)ので羨ましい。では応援ポチッ♪
【2006/08/28 07:26】 URL | こう #KLqmunRA[ 編集]
>こうさん

いつもコメント&応援を
有り難うございます*:・(*´△`):*:・!

>今日は28日… _| ̄|○

あははっ(≧ω≦)

↑よくあるある! 
でも、こうさんは以前にも「興味がある」と
コメント頂けて、とっても嬉しかったです。

また色々な展示をのせようと思ってますので
ご参考までに、どうぞまたおいでください~!

>さすがですね~。

表現力....お褒め頂いて...恐縮ッス<( ^-^ )

もうお分かりかと思いますが、
(いろんな意味で)
『おたく』に近いので
ついつい、文章にもそれが...( ´_ゝ`)ノ....
見ていて辛くならないレベルで
書こうと思ってるんですが...

「美味しいか、美味しくないか..?」

とんでもない~。

こうさんのグルメルポ・とっても分かりやすくて、
説明も、いつもとっても美味しそうですよ(⌒▽⌒)ノ!
ワタシなんてお料理知識が乏しいので
「すごいな~」っていつも思ってますYO

記事でご飯3杯いけそう...(゚д゚)と思ってます(笑


【2006/08/28 12:38】 URL | オレンジビー #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2018 ペコリセイカツ, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。